医者が選んだ体にいい食材第1位は「トマト」オススメの調理法を紹介

トマト

 

スポンサーリンクス




こんにちは!tomatoです。

僕はトマトが好きです。(名前にしているくらいなので)

子供の頃、おじいちゃんの家の畑のトマトを

よく勝手にもいで、食べていました。

あおいトマトも、もいで食べていました。

(さすがに怒られました)

今でも冷蔵庫に常に入れているくらいです。

そのくらい好きです。

 

トマトって美味しいだけでなく、

健康食材としても知られてますよね。

体にいい成分の『リコピン』は、

トマトの代名詞みたいなもんです。

 

僕はいつも、トマトを生で丸かじりで食べてるのですが、

トマトは生で食べるより、体に良いとされる栄養素を、

吸収しやすくなる調理法があります。

 

というわけで今回は、

医者が選んだ体にいい食材第1位は「トマト」オススメの調理法を紹介

でいってみましょう!

 

スポンサーリンクス



医者が選んだ体にいい食材第一位は「トマト」

僕がよく見るテレビ番組で、

『世界一受けたい授業』という番組があるのですが、

以前、

「お医者さんが健康のため積極的に食べている物 は?」

という質問で、お医者さん7万人からアンケートを取ったのですが、

その時に、堂々の第1位に輝いた食材が

トマト』(我らがアイドル)

だったのです。

おめでとう🎉

 

でも『名医のTHE太鼓判』という別の番組の、

300人のお医師さんが選んだ、

「最も健康効果のある食材をランキング形式で紹介!」

では、

7位でした。(ちなみに1位は納豆)

お医者さんの人数が全然違いますけどね。

(負け惜しみ)

 

ただとにかく、

トマトは健康を考えるなら、

食べるべき食材だということは

間違いなさそうです。

 

トマトを食べると身体にどんな効果があるの?

トマトを食べると身体にどんな効果があるのかを、

ここでは紹介したいと思います。

 

トマトを語る上で欠かせない栄養素が、

皆さんご存知の『リコピン』ですね。

リコピンが、最も多く含まれている食材がトマトです。

 

リコピンは、抗酸化作用が高いので、

『癌』の抑制、老化防止が期待されています。

(この辺は有名)

 

美白、美容にもいいとされています。

リコピンは、紫外線によるコラーゲンの減少や、

シミの原因になるメラニンを抑制してくれます。

(僕の肌が白すぎるのはこのせいかも)

 

血中悪玉コレステロールを減少させてくれるので、

脳卒中や、心筋梗塞のリスクを下げてくれます。

(知ってる人は知ってる)

 

あと、トマトは眠りの質も良くしてくれる、

『GABA』と『メラトニン』

という成分も含まれています。

(こちらはあんまり知られてない)

 

夕食に、小さめのトマトを1つ食べれば、

眠りの質の改善が期待できるという

お手軽さです。

「トマト」オススメの調理法を紹介

トマトのオススメの調理法を紹介します。

 

リコピンは脂溶性なので、

生で食べるより、油を使って調理すると

体内での吸収率が上がります。

また、その時に

ニンニクもしくは玉ねぎと一緒に調理すると、

さらに吸収率が上がります

(トランス体とかシス体とかメカニズムはちょっと難しい)

とにかく健康効果を期待したいなら、

油、ニンニク、玉ねぎです!

 

オススメレシピ

卵とトマトのガーリック炒め

サバと椎茸とトマトとニンニクのアヒージョ

トマトと玉ねぎの和風炒め

新玉ねぎとトマト炒め

トマたまガーリックスープ

まとめ

トマトは、油を使って調理したほうがいいと紹介しときながら、

はじめにも言いましたが、僕はいつも生で丸かじりです。

塩もマヨネーズもなにもつけません。

でも、人より多くトマトを食べてきた自信があります。

っていうくらい食べてきました。

トマトのおかげかどうかはわかりませんが、

僕は、今でも大学生に見られることもしばしばあるくらい

若く見られます。

肌も、引くぐらい白いです。(ちょっと恥ずかしい)

 

身体にとっていいことばかりですが、

そもそも美味しいので、今後もたくさん食べていきます!

ただ、また、

トマトがテレビの番組等で取り上げられると、

スーパーで売り切れになったり、

値上がりしたりするので、

本当はトマトを、個人的にはあんまりオススメしたくないです。(笑)

 

『医者が選んだ体にいい食材第1位は「トマト」オススメの調理法を紹介』

いかがだったでしょうか。

最後までお読みいただいてありがとうございました!

 

スポンサーリンクス