レジャー・観光

高尾山のビアガーデンのコロナの影響2020夏の営業時間と混雑予想

今年もビアガーデンの季節がやってきました! ただ今年は、いつもと違うところは、 コロナの影響があることです。 夏の一大イベントといえば花火大会ですが、 2020の夏は、全国の大きな花火大会は ほぼ全て中止になりましたね。
レジャー・観光

三峯神社のコロナの影響 2020夏現在の感染対策と渋滞予想!

昨今のコロナ禍の影響で、 緊急事態宣言は解除されたものの、 ありとあらゆるイベントが中止になっていますね。 そんな中、 三峯神社は6月1日よりめでたく参拝が可能になりました。 おめでとう
コミュニケーション

好きな人をデートに誘えない人のために営業マンが使う4つのテクニック

「この商品を買ってください」 の一言だけで、物が売れるほど営業の世界は甘くないです。 たまたまその商品を、 クライアントが手に入れたいと思っていたタイミングだったら話は別ですが、 基本的には営業マンが、成約までを誘導していく必要があります。
コミュニケーション

聞き上手はモテるは嘘?やってみたけど失敗した原因を営業マンが解説

営業マンはクライアントから 「君だから購入を決めた」 と言われる瞬間が、一番営業マン冥利に尽きますが、 商品が良いからだけではこんな言葉は出ません。 クライアントに自分のことを、 いわば、惚れさせることができているから、 こう言われます。 営業マンは、自分のことを惚れさせるため、つまり 自分がモテるために聞き上手にならなければいけません。
くらし

引越しの段階で害虫対策をやった方がいい!?不動産の営業マンから学ぶ

だいたいどんな人でも、当然害虫が出ない方がいいと思ってますよね。 しかし、不動産の担当営業マンは、虫が出るか出ないかを 周辺環境や建物構造ですぐにわかってますが、 内見まできている状況だと、成約できなくなる可能性がある、 部屋のマイナスのイメージにつながるようなことは、 基本的に教えてくれないと思っていた方がいいです。 なので今回は、引越しの段階の害虫対策としての部屋選びと、 荷物を運び込む前にも、やっておいた方がいい害虫対策を紹介します。
コミュニケーション

怒っている相手のなだめ方歴15年の不動産営業マンのクレーム対応から学ぶ

いきなりですが、「朝まで生テレビ!」という番組を知っていますか? 見たことがある人はわかると思いますが、 賛否に分かれた出演者が、お互いにヒートアップしすぎて、 話がまとまらなくて終わることが多い番組です。 営業マンはこの番組の熱くなりすぎている人を見たときに、
コミュニケーション

相手をやる気にさせる営業マンが使っている超簡単な3つのテクニック

営業マンはクライアントに商品やサービスを売り込むのですが、 その説明だけ、例えばパンフレットを渡すだけで、 どんなクライアントも購入を決めてくれるなら、 最初から営業マンなんて必要ないですよね。
コミュニケーション

コミュ障を克服「営業マンが教える会話で使える3つのテクニック」

まずコミュ障は、若い人に多いです。 特に10代は、5人に1人はコミュ障です。 コミュ障を克服するために 常に笑顔 自己肯定 マイナス思考をやめる 会話を恐れない などと書いてある本やブログをよく見かけますが、
くらし

浄水器の悪質な訪問販売の被害者が20代の若い人達を中心に増えています!

新聞や、ニュースに出ていたりしない限りは、会社名だけで、 その会社が悪徳か優良かはわかりませんが、 15年この業界にいた経験から言わせてもらうと、 そもそも悪徳業者の手口は、商材が変わったとしても、 ほとんど同じです。 そしてその売り方は、確実に特定商取引法違反になります。 今回は、その手法を実体験を踏まえて紹介しますので、 ご自分が浄水器を購入した会社は悪徳業者なのかを判断してください。
くらし

床下換気扇を扱う悪徳な業者からの被害がなくなりません!手口と対処法

2005年に、埼玉県の富士見市に住む認知症の姉妹が、 リフォーム代として、3年間で5,000万円以上の工事代金を だまし取られるということがありました。 3つあれば大丈夫な床下の換気扇が、20〜30個付いていた、 いわゆる過剰工事で、工事費も市場価格の10倍以上、 請け負った会社がなんと16社以上だったという、 とんでもない事件が起きました。