渡部建不倫「セックス依存症」という病名はない?[パラフィリア障害]

佐々木希渡部健

 

スポンサーリンクス




こんにちは!tomatoです。

 

2020年6月芸能界に激震が走りました。

番組レギュラーたくさん、CMたくさん

好感度抜群の渡部建さんが、

突然、芸能活動自粛を発表しました。

そして翌日に、複数の女性と不倫していたことが

報道されましたね。

 

あまりの衝撃に、

この時期、「偽装離婚」を疑われていた、

藤本敏史さんと木下優樹菜さんのニュースは

一瞬で消し飛びました。

(結構問題だと思ったのですが2人にとってはラッキーでしたね)

木下優樹菜芸能活動再開タピオカ事件から9ヶ月芸能界には戻れない?

 

「多目的トイレ」だったり、

「複数の女性と関係があった」や「1万円」など、

なかなかセンセーショナルな単語連発で、

不倫の発表から2・3日は、渡部建さんの不倫の話題で、

どのニュース番組も持ちきりでしたが、

その時によく、「セックス依存症」という言葉が、

色々なコメンテーターの方から出ていました。

 

これを言ったら、世の中の女性を敵に回しそうですが、

もし本当に、渡部建さんが「病気」だったら

この不倫は仕方のないことだと思います。

(不倫を推奨してるわけではないので!)

WHO世界保健機関にも指定されている、

自分ではどうしようもないれっきとした「病気」です。

(テドロスさんのせいでWHOの信用は失墜してますが)

とにかく渡部建さんが悪いわけでなく、

病気」が悪いのです。

 

前置きが長くなりましたが、

それでは行きましょう!

今回は題して、

渡部建不倫「セックス依存症」という病名はない?[パラフィリア障害]

です。

 

スポンサーリンクス




渡部建さんの不倫は病気?

専門家の方の見解だと、渡部建さんの不倫は、

「病気」の可能性が高いみたいです。

 

  • 複数の女性と関係を持ってしまう
  • 多目的トイレなど、雰囲気も何も無いところで済ませる
  • 体の関係だけでOK
  • 自己中心的

このあたりが、「病気」の条件に当てはまる可能性があるみたいです。

 

なぜ「可能性がある」という言い方をしているのかというと、

専門のお医者さんが、渡部建さんと対面して、カウンセリングして

ようやく「病気」だと言えるわけで、

専門家でもない、ましてや渡部建さんに会ったこともない人が、

渡部建さんのことを「病気」だと勝手に断定してテレビで言っちゃうのは

良くないらしいからです。

それはもはや「人格攻撃」になるからです。

 

なので渡部建さんの不倫は「病気」だと断定はできませんが、

「病気」の可能性が高いということは確かです。

 

セックス依存症という病名はない?パラフィリア障害

WHOにも指定されているし

散々「病気」だと言っているのですが、

「セックス依存症」という名前の病気はありません。

正式名は「性的嗜好障害(せいてきしこうしょうがい)」、

「性的倒錯(せいてきとうさく)」または

パラフィリア障害」と言います。

 

便宜的に「セックス依存症」の方が分かりやすいので、

普段はそちらで構わないと思います。

 

「パラフィリア障害」は、

性行動に苦痛を感じたり、危害が生じたり、

日常生活に支障をきたしたりします。

社会的に悪いことをしているという罪悪感で苦しみます。

相手に対して愛情を注ぐことができず、

それによって相手は、物として扱わられているように思い、

自分のことを、「不必要な存在」だと感じてしまいます。

 

「不必要な存在」は

週刊文春で言っていた、相手の証言と合致しますね。

 

渡部建さんは悪くなくて

「病気」が悪いと言いましたが、

どこかで気づいて、周りに迷惑をかける前に、

病院に行くべきだったと思います。

ただ「パラフィリア障害」は何か大変なこと(犯罪など)が

起こらない限り、なかなか自分では気づきにくいものらしいです。

でも、独身時代に知人には打ち明けていたという話もあるので、

もしそうならその時に、病院に行くべきでしたね。

 

まとめ

ニュースで報道されている通りだと、

断定はできませんが、「病気」(パラフィリア障害)

の可能性が高いです。

パラフィリア障害の症状を見てみると、相手の女性の証言と

合致する点もあります。

 

渡部建さんの奥さんの佐々木希さんは、

「パラフィリア障害」を患っている女性の役を、

以前演じたことがあります。

Huluオリジナル連続ドラマ[雨が降ると君は優しい]

妻が不特定多数の男と関係をもってします”心の病”としったとき、夫が妻をそれでも愛しぬくことができるのか…!?玉山鉄二が一途な愛ゆえに悩める夫を、佐々木希がセックス依存症に苦しむ妻を演じる。

 

完全に渡部健さんと一緒です。

もともと考えさせられるドラマだったのですが、

今観ると、考えさせられることが、もう一個増えます。

 

不倫が発覚した時は辛かったと思いますが、

幸か不幸か、役を演じていたおかげで

「パラフィリア障害」を知らなかった人よりかは、

理解が早かったのかもしれません。

 

佐々木希さんサイドの事務所は、離婚を勧めているらしいです。

渡部健さんの悪いイメージのせいで

  • CM来ない
  • 女優業にも悪影響が出る
  • 渡部健さんの違約金を一緒に背負うことになる

と思われるからです。

しかし、それだけリスクがあるにもかかわらず

佐々木希さんは渡部健さんを心配して

離婚を選択しません。

(偽装離婚もしません!)

僕に言わせると逆に好感度爆上がりです。

 

渡部建不倫「セックス依存症」という病名はない?[パラフィリア障害]

いかがだったでしょうか。

「パラフィリア障害」のことを理解できれば、

渡部建さんの不倫も、少しは情状酌量の余地があるのではないでしょうか?

そもそも佐々木希さんが離婚を選択せず、

旦那と一緒に頑張っていこうとしてるので、

僕なんかはむしろ応援してあげたいと思いました。

プロゴルファーのタイガー・ウッズさんも同じ病気でしたが、

2019年のマスターズを奇跡の優勝で見事復活しました。

なので、渡部建さんだって復活できるかもしれませんよ。

(最後は完全に病気のテイでしたが確定ではないですからね)

 

また別の記事で!

 

スポンサーリンクス