仲介手数料が[無料][半額]なぜ?不動産のカラクリを歴15年の営業マンが解説

はてな

 

スポンサーリンク





こんにちは!tomatoです。

不動産、リフォームの会社を中心に営業を15年以上経験しています。

 

この記事を見る人は、

  • 不動産の仲介手数料が無料、半額の部屋に信用がない
  • 不動産の仲介手数料が無料、半額のお店が成り立つカラクリが知りたい

という人だと思います。

お姉さん
お姉さん

仲介手数料は安い方がいいけど、安いと良くない部屋だったり、家賃が高くなったりするのかな

お兄さん
お兄さん

普通は家賃の1ヶ月分を払うんだと思うけど、半額だったり無料だったりのお店って、どうやって経営を成り立たせてるの

仲介手数料が半額、または無料のお店に頼む場合、
部屋を探すときにかかる初期費用を、
大幅に抑えることができるので、仲介手数料の違いで、
不動産会社を選んでる人は多いです。
ただ、仲介手数料が安いと、
  • 物件の品質に問題がないのか
  • どうやって会社として成り立っているのか
という不安や疑問が湧いてきます。
今回は、その不安や疑問を解消していきたいと思います。

この記事を見て分かること

  • 仲介手数料無料、半額のお店は安心なのか
  • 仲介手数料無料、半額の会社のカラクリ目次

手数料が安くても品質に問題がないのか?

マンション

仲介手数料は、上限が決まっており、

最大で家賃の1ヶ月分です

法律(宅地建物取引業法)で決まっています。

しかし、街には手数料半額や、

無料のお店がありますね。

だからといって、

品質が悪くなるということはないです。

品質(または条件など)で家賃は決まっていきますが、

そもそも大家さん(貸し主)側で査定して決めています。

それを、借り主を紹介してもらえるよう、

仲介業者に依頼してるだけなので、

仲介手数料と品質の良し悪しは別個です。

 

お姉さん
お姉さん

そうなんだー!

安心しました

この仕組みだと、家賃が高くなることもなさそうですね。

 

手数料が安くなっている分、

家賃が高くなるということは基本的にはありません

お姉さん
お姉さん

なんか

含みのある言い方ですね…

 

この説明は、「お店選びの注意点」の項で、一緒にしますね。

 

スポンサーリンク




手数料が安いのに会社として成り立っている理由

家族

それでは、なぜ会社として成り立っているのか、

メカニズムを説明します。

まず、法律では、不動産会社が借り主から支払われる仲介手数料は、

「家賃1ヶ月分の半額」です。

なので、もう半分は貸し主から受け取るということになります。

お兄さん
お兄さん

えっ、

それなら家賃を1ヶ月分請求する仲介業者って…

 

心配ありません。

「依頼者の承認がある場合は、

借り主と貸し主、

どちらか一方から賃料の1ヶ月分を受け取ることができる」

とあるので、借り主からの請求は、

1ヶ月分でも半額でもいいですし、

もしくは無料でも問題はありません。

お兄さん
お兄さん

家賃1ヶ月分が手数料のお店が多いですもんね

 

ただこのとき、もちろん無料だと経営として成り立たないのですが、

その場合は、貸し主から広告費として報酬を得ているので問題ないわけです。

広告費が家賃の半月分出る物件なら、

借り主からは、0.5カ月分の手数料をもらっているので、

会社の売り上げは、しっかり1ヶ月分になってます。

これが、経営が成り立つカラクリの答えです。

お兄さん
お兄さん

なるほど!納得です

手数料が安いお店を選んだ時の注意点

家を探す

礼金について

ただし安いお店を選んだ時の注意点もあります。

手数料が安くなっている分、

礼金が高くなっていることがあるのです。

敷金礼金はわかりますね?

お姉さん
お姉さん

う~ん

なんとなくなので…

説明しますね。

敷金は、部屋を借りたときの、

貸し主に預ける「担保」です。

家賃の未払いがなかったり、部屋が極端に汚れたりするようなことがなければ、

退去時に、全額返ってきます。

礼金は、部屋を借りたときの、

貸し主に支払う「お礼」です。

なので、もちろんこちらは、返金されることはありません。

つまり、礼金が1ヶ月分高くなれば、

手数料が無料でも、払う金額は変わらないことになりますね。

お姉さん
お姉さん

う~ん

まぁ、手数料が無料で、礼金が1ヶ月分プラスになっただけなら、損はしてないと考えていいのかな?

 

一応そうですね。

お姉さん
お姉さん

私は、手数料が安くて、礼金がかからない部屋を探してみようと思います

 

それなら確実にお得ですよね

礼金なしの物件は、たくさんありますので、

初期費用を安くしたいなら、そちらを選ぶのが無難ですね。

ただし、手数料が安くて、礼金なしの物件で、

家賃が高くなっている物件があります。

月々の家賃の、高くしている分で、

広告費を賄うということですが、

この場合、仲介業者はその内容を説明するので

先ほどは、「基本的にはない」という言い方になりました。

今の時代、どこの場所の家賃でも、すぐに調べられるので、

住んだ後に、自分の部屋だけ高いと分かったら、

クレームになります。

なので、借り主に黙って、家賃を高くしているところはありません。

お姉さん
お姉さん

月々の家賃を高くする代わりに、初期費用を抑えることができるんだね

ただ、もう一つ注意点があります。

お姉さん
お姉さん

まだ何かあるんですか…

物件数について

先ほど、貸し主から仲介業者に、

広告費として報酬が出る物件があるっていう話がありましたね。

広告報酬が1ヶ月分なら、借り主は無料に。

広告報酬が半月分なら、借り主から半額分、

請求させてもらうのですが、

全ての物件が広告費を出してもらえるわけではありません

 

お兄さん
お兄さん

と、いいますと?

 

もしあなたが、仲介手数料が半額のお店の営業マンで、

紹介できる物件の中に、広告費が出る、

出ないの物件があったとしたら、

あなたはお客様にどちらの物件を紹介したいですか?

 

お兄さん
お兄さん

営業マンだと売り上げが成績になるから

広告費がでるお部屋をすすめたいと思います

 

貸し主から出る広告費が少いなら、

借り主からしたら条件が完璧な物件だったとしても、

紹介してもらえない場合もあるかもしれません。

つまり、たとえ扱っている物件数が他店と一緒だったとしても、

利益優先の営業だと、借り主側にとっては選択肢が狭まり、

損をする可能性があるということになります。

仲介手数料が無料のお店は、

広告費が出ない物件は扱えません。

 

さいごに

家族とマンション
当たり前ですが、人気な物件だと、空室になっても無条件ですぐに入居者が入ります
逆に、仲介業者に広告費をだして、
優先的に借り主へ紹介してもらえるように促したり、
最初の一か月間は、家賃を無料にするプランを打ち出したりする物件は、
人気がない可能性があるのかもしれません。
もちろん、集客力を高めるための戦略として、
多少の採算は度外視してでも手数料を安くしているお店もあります。
お兄さん
お兄さん

数をこなして売り上げを上げていくんですね

そういうお店はとりわけ繁忙期には、
サービスの質が低下することがあるかもしれないですね。
ただ、結局は求めるポイントは人それぞれ違います。
サービスの質より初期費用を抑えることだったり、
家賃の安さだったり、間取りだったりします。
お姉さん
お姉さん

内容を入力してください。私は、最初は手数料が家賃半月分のお店に行って、気に入ったお部屋が見つけられなかったら家賃1カ月分のお店に行きます

そうですね。
つまり、最終的に決めるのは自分なので、
時間が許す限り、担当の営業マンと、
しっかり話をしてから探していけば、
満足のいく部屋をきっと見つけられるはずです
スポンサーリンク